和食

腎臓病食の宅配サービス|献立の制限に悩まされている

プリン体に注意しよう

女性

風があたるだけでも足に激痛が走ると言われている痛風は、一度発症すると完治が難しい症状だといわれています。また、痛風は食生活の乱れが原因で発症するため、改善策は食事の見直しにあります。痛風予備軍の人やすでに痛風を発症してしまった人は、食事に注意しましょう。痛風はプリン体の影響を大きく受けます。そのため、プリン体を多く含む食事は控えると適切です。主に鶏レバーやイワシ、かつお、えびなどはプリン体を多く含んでいます。肉や魚からタンパク質やエネルギーを摂取している人は食材に注意しましょう。また、うなぎや豚肉、ほうれん草、カリフラワーなどはプリン体が少ないといわれています。さらに、豆腐や牛乳、とうもろこし、ジャガイモ、トマト、にんじんなどの野菜や果物類はプリン体が極めて少ないことで有名です。これらの食事を積極的に摂取しましょう。

痛風の人が最も気をつけなければいけないのがアルコールです。特にビールを好む人が痛風を多く発症していることから、ビールにはプリン体が多く含まれていることが明らかになっています。痛風の疑いがある人や痛風を発症した人はアルコールを控えることが大切です。また、最近ではプリン体をほとんど含まないビールや発泡酒も販売されています。自分の体調を見ながら食事に注意しましょう。ちなみに、プリン体の人は水分を多く摂取することも大切です。尿といっしょに尿酸が排出され、症状が緩和していくためです。とはいえ、炭酸飲料やジュースなどの糖分を多く含む飲み物は、痛風を悪化させる恐れがあるので注意しましょう。水やお茶などで水分補給をこまめに行なうと適切です。食事や飲み物に気を使うことで痛風は改善できます。家族や友人、同僚のサポートが完治への近道です。